ジンギスカン

 

長野市信州新町の食文化といえば、ジンギスカン。昭和初期のめん羊飼育が始まりとされ、昭和20年代には約4,000頭もの羊がいたほどです。

その頃よりジンギスカン料理(味漬け肉)が世間に広まり、現在では「ジンギスカン街道」とよばれるほど提供する店が増え、本場信州新町のジンギスカンとして定着しました。

 なお、店頭のお土産としてもお馴染み“むさしや”のジンギスカンをはじめ、当駅監修のラムジンギスカン(タレ・味噌)など、幅広く取り扱っております。

 

ジンギスカン

Our brands